1970年代生まれのブランド

1970年代生まれのブランド

 

 

1970年代というと、今から、40年も前ですが、
今につながるファッションが生まれた時期でもあります。

 

 

 

今、多くの人が着ているジーンズ。

 

 

 

いわゆるデニムは1970年代にジェームズディーンという俳優さんが着たことによって
流行ってきたそうです。当時は作業服だったのですが、そのころからちょっとずつおしゃれアイテム
として認識されてきたみたいですね。

 

 

 

日本では日本人デザイナーが生まれた時代でもあります。
1970年に事務所を立ち上げた三宅一生のイッセイ・ミヤケ、
同じく1970年、パリにブティックをオープンした高田賢三のケンゾーなど、
現在の日本でもメジャーなブランドがこの頃に生まれました。

 

 

 

ケンゾーは、Tシャツにトラをあしらったデザインとちょっと前に流行りましたよね。
若い女子が、虎来ていて、阪神ファン??と聞いたら、
ムッとされた覚えがあります(笑)

 

 

 

ヒッピー、パンク・ロックと1970年代は過激で反抗的なイメージが強い時代ということができそうです。
しかし、こういった傾向は長くは続きません。アイテム自体はその後も残っていきますが、
こういったファッションの傾向はだんだんに下火になっていきます。

 

 

 

 

 

ファッション好きな女子は結構多いので、ブランドとか知っていると、合コンとかでも会話が弾むかもしれないです
たぶんですが・・・。